--, --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:--         [スポンサー広告]
Posted by jin
28, 2006
ツボに入る映画
なぜか連続投稿(爆笑)。

ここ立ち上げた時にシネマカテゴリ作っといて書いてなかった(笑)


だいたい1回レンタルして終わりっていう映画が多いんですが、
何本かは忘れた頃に無性に観たくなるものがあります。

今日はそのひとつ。↓




HS-11843.jpg

「旅立ちの時」ですね~。

・R・フェニックス主演、60年代に反戦運動家として指名手配された両親 と共に逃亡生活を続ける17歳の少年ダニーの成長を描いた青春ドラマ


兄弟がふたりいて、常に偽名 髪の毛の色も変えて転々としてるのね。
そんな生活の中でも荒んだところは無く、家族は仲良く暮らしてる。
でもリバー演じるダニーの進路、恋・・。家族が壁にぶち当たって
行くわけです。

これね 両親役の二人がすばらすいい!特に父ちゃん!!いい!

単に青春ドラマじゃない。何度観ても号泣できちゃいます(笑)

ラストの家族それぞれの表情には本当に泣かされますが、ワタシは
お母さんのお誕生日パーティーのシーン。ラジオから流れる曲でみんな
踊るんだけど何故かいつもここで泣かされます(笑)
また曲もすんごく良いし。

あとはダニーママとそのお父さん(ダニーのおじいちゃん)が喫茶店みたいなとこで会う場面。抑えた表情!お父さんの娘を思う気持ち(涙)
ここはね~何回も観てるんだけど「あ~次パパと再会だ・・」と考えるだけで号泣です(笑)


今のハリウッド映画みたくヒネリがある訳でないし、分かりやすい
ストーリーです。でもワタシの中ではピカイチ。

是非! いかが?
スポンサーサイト
02:08:11    comment:0    trackback:0   [シネマ]
Posted by jin














 

http://5615446.blog80.fc2.com/tb.php/27-76ecc690
会報って・・| HOME | マ○ニー無しなの?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。