--, --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:--         [スポンサー広告]
Posted by jin
21, 2008
忘れたくない記憶Ⅰ
ワタシが参加したのは魔の武道館初日と大阪18 そしてオーラスの3公演


忘れるのって簡単なんだねぇぇ。
トリハダが立つほど感動したり涙が顎からポタポタ流れ落ちるほど泣いたのに。
その時のスーや 自分の感情も忘れていってしまう。
ずーっと覚えていたいのに・・。


ほとんどがオーラスの内容になるかなぁ。
でも3公演全てが混ざってるから絶対正しくないと思うし

かなりモウソウ&ワタシ目線 つまり全体イタイコなウザ文です(苦笑)



大阪。

仔がいるのにもかかわらずスコブる良い天気  じっとしてるだけで汗が出るほど。
その炎天下の中 沢山の迷が入場を待つ。

たくさんの迷友に逢う。 嬉しかったなぁぁほんとに(涙)。
だけどコンサ終了後は急いで帰らないといけないから入場前に「また会おう!!」とハグする。


考えてみたらさ。 この時から号泣する準備は出来てたのよね(苦笑)

仔たちにまた逢えるという期待感とこれがオーラスだという寂しさ。
wenちゃんとワタシは同じ思いだったよね~きっと。
このオーラスにキョンちゃんがいないし・・。


ホールの中へ進む・・

18日はスタンドAブロック。ボックス席と機材の間の席。19日はスタンドGブロック。
つまり両席とも仔が登場するウィングの全体が見れる好位置だったの。
オーラスの席につくとそこはボックス席の対面近く。
仔ウィングは勿論 孝天ウィングもやたら近い!!!
「ちょっとぉぉぉぉ!!かーなり神席じゃねーの??どーすんのよぉぉぉ!!!」とふたり変なテンションですw

今日で終り。 今日が最後なんだ。
DVD出るかなぁぁ いや無理だろなぁぁ コストがかかってウンヌン関係なくね(笑)??2万とか言っても結局買うと思うけどー。でも天井ワイヤー張ってカメラ吊りしてないってことは撮る気が無いんじゃねーの??ってことは何?とくだね!!やスマステで流れたごく僅かなスーコン映像で一生を暮らせと言うの??シドーーイ!!!!!とウダ話をしてる間に時間はあっという間に過ぎてゆく(笑)


客電が落ちる


ステージを照らす青いライトが一層浮かび上がる


ビジョンに伝説の戦士が映し出される


・・・違う。 ホール全体 何もかも。 誰もが胸の高まりを抑える事が出来ずにいる。

   ざわめきとは違う 地鳴りのようなものが全体を包む。

ビジョンに現れたジェリ 
石像が甦り ジェリー・イェン と名が呼ばれると同時に拍手と迷の叫びが響きナレーションすら聞き取れないほど。

ヴァネ 孝天  本人はまだ現れてないのに 異常なテンションに包まれる。

そして仔仔。 
ビジョンに甦った仔のアップが映り その仔の目が静かに開く時 「ざい―――ー!!!!!」と一斉に叫ぶ迷たち。


Waiting For Youが流れる
昨日とまるで違う(笑) 迷のノリがそうさせるのか?
いやスーも迷も同じ思いなんだ。「これが最後!!!!!」
歌い始め 仔仔。 ウーワめっさ鼻声!!! でもすごく声量がある!!デカいぞ声が(笑)!!
ヴァネも違う!!! 孝天はいつも通り一番の美声w安心して聞ける。
ジェリ。 どーしたっ(爆笑) やっと緊張の糸が切れたんだろうか。オドオドした部分が一切ない。
マイクで歌を叫ぶように歌う。いやんワタシの鼓膜イタブらないでっ(苦笑)

そのままAsk For More  Can't Help Falling In Loveと流れていく。
仔ばかり見る。だってかなり心配だったから。
一曲目から仔は流れるような汗をかいてる。あーあれは熱出してるなぁ。
つーか武道館から一体何キロ痩せた?? 恐ろしくゲッソリして見える。

「みんな 元気でっかぁぁ?? ボク達は元気デス」

ってウソこけ(笑)。 みんなにバレバレなんだよ仔ぃぃ(涙)
最後まで無事終わりますように・・。


孝天ソロ。走出昨天と LaLaLaかな?
やっぱり孝天の声が一番好き。高音も低音も伸びやかで麗しい美声だ。
聞いてて気持ちがいい♪座ってじっくり聴くような音が溢れる。

仔仔。馬賽克とMISSING U
このモザイクって。ナイトクラブの支配人役だったとか。なるほどぉぉ(笑)
しっかし歌うの難しかったんじゃ?ジャジーな感じはいいけど微妙にカウント取りづらいし。
プチエロも堂に入った感があります(笑)もともとそういう素質ある人なんだよね~。
そのあとのMISSING Uは「アラヤダ結局振っちゃうの?なんでだよヴァカー」といつも思った。
設定といえども勿体ないわー。
オーラス モザイクでは感じなかったけどMISSING Uはキツそうに見えた。
見えたというか・・サビで声を張るところはうまく声が前に出てたけど、その前の語りかけるような歌い方をする場面では声を伸ばす部分で伸ばせなかったり少し裏返ったり。確実に喉にきてるという感じ。
喉が腫れるとさ~どこか奥が張り付いてうまく声が出せなかったりするじゃん?仔もそうだったんじゃないかな。それにあの汗・・。wenちゃんと二人してかなり心配する一幕だった。

そしてヴァネース!!!我不是自己
個人的にこの時のアーガイルが一番良かった!!! 敏捷な小動物のようなヴァネにとても似合ってたと思う。
脱いじゃうヴァネもいいんだけどこういう衣装はヴァネしか似合わない。仔なんてブフフフフ~~♪孝天なんて「え?登山(毒)?」てなるよきっと。
ヴァネはプロだね~~!!!!どこをとってもスキがない。常にショーマンです。ほかの3人がショーマンじゃないってわけじゃないんだよ?4人とも質が全く異なるんだねー。
wenちゃんもワタシも 周りがどーであろうと構わず踊りまくる人です(笑) 関係なく踊り 飛び跳ねるw
ヴァネソロは特にそう。何もかも頭真っ白になりつつ踊る踊る騒ぐ騒ぐ大迷惑(爆笑)??

んでジェリ 記憶拼圖
オーラスはライオンだった気がするなぁ。 あのね すぐ分かるのよ動きで(笑)
なんかヘンテコリンな腰つき動きをするのがジェリ~~~♪
最後に選ばれたのはご存知ジェリ迷のお父さん!!! 
そのお父さんの嬉しそうな顔(笑) 涙出るほど笑った一幕。

さぁぁ来たっ天仔コンビ と旭ヴァネで情非得已
仔はさ。歌もそっちのけで最初っから孝天を狙ってんの(笑)!!何かしようとステージに出た時から孝天を見てるw オーラスなんて特にそうだったよね~仔♪ 孝天も当然気付いてる。嬉しそうにニヤニヤしつつ逃げる。ちょい下から覗き込むようにニーヤニヤしつつ追う仔。ああもコヤツたちはっっ(激萌)
孝天と仔って不思議コンビだよね。
「俺のことは追うな。 構うな。それより自分の心配をしろ」な孝天。
「僕頑張ってる。認めて欲しい。ダイジョブだよぉ。風邪ひいたけど(笑)」な仔仔。
孝天って孤高な人だけど仔だけは孝天のココロのノック場所を知ってそう。コンコンてすると素直にドアが開いたりするんだ。それに孝天に甘えると厳しい事も当然言うが受け止めてくれる強さがありそう。ただ「ヨシヨシ♪いいよぉぉ仔なら」な溺愛とは違うものがありそう。全く違う二人だからこそ凸に凹でシックリはまる気がする。
そんな二人の後に旭ヴァネ。 確実に火花をちらす旭(爆笑)。

ラブウェイブで全力疾走する仔にはハラハラした。
なにもココで体力つかうことねーのに。かなり心配だったわ。
ジェリがウェイブスタートすることに・・・
「いい?ok? 3・・・ 2・・・   2!!」ジェリ(自分で大スケ)
「ダメダヨ――」仔(このセリフが激ウケで 何回も言ってた 笑)
「ワタシはシャチョーです」ジェリ
「ボクはシャチョンです(笑)」仔  もう意味不明 だけどサイコ―――!!



ここからが後半戦。  一気に書こうと思ったけど長すぎ(笑)??




スポンサーサイト
01:00:23    comment:2    trackback:0   [F4 JAPAN TOUR 2008]
Posted by jin
こんばんは~
こ~んば~んは~(旭動物園のアニメ声お姉さん風で)

jinさん、長すぎなんて全然平気ですよ~。
後半も楽しみにしてます^^

ラブラブウェーブで走る仔に私もハラハラしました。
西サブステージが一番近い気がした席にてオペラグラスで仔をガン見。
テレビを見てるような距離感で眺める仔の姿はよく見えました。
走って戻ってきたときにはものすごくはぁはぁ言ってて。。。
「吐くんじゃないの?ほんと無茶するなぁ~」て心配してました。


アエラゲットしてきました。店頭に並んでた3冊を買い占めるほどに。
表紙がやたらと派手な週刊誌コーナーで、シンプルな表紙なのにとんでもないインパクトを放つアエラ、ていうかスーたち(笑)
遠くからでもすぐに確認できました。
2008/10/22 02:37 | | edit posted by nobuling
nobulingさん♪

ハラハラしたよね~~。
走ったあとに座り込んだじゃん?
あれはマヂ疲れだよ(笑)

アエラ。良かった!!!
固めな雑誌に昔と変らぬ笑顔ちゃんたちがスゲー良かったです。
2008/10/26 00:47 | | edit posted by jin














 

http://5615446.blog80.fc2.com/tb.php/890-a69aa535
忘れたくない記憶Ⅱ| HOME | やっぱり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。