--, --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:--         [スポンサー広告]
Posted by jin
22, 2008
忘れたくない記憶Ⅱ
前の記事と繋がってるから。


早いなぁぁ もう後半戦。

ヴァネソロがまだだったか?媽媽からListen to Your Heart
アカペラは良かったね~綺麗だった。会場がシーンとなり皆が聞き惚れたカンジ。

そして孝天~一個好人 Rain
この時の孝天の襟足が可愛いのなんのって(笑)!! インカムみたいなマイクをつけてるんだよね~頭のとこにさ。タップ踏むからねっ。綺麗に七三に分けられた綺麗な髪が襟首んとこでインカムにキュッと押さえられててお人形さんみたいなんだもーん(萌) そのインカムの跡が髪についてさー後々の曲でも後頭部が綺麗に出ててツボでした(笑)
あ。タップも良かったよぉぉ。頑張れ!!もうちょっと!!!もうワンフレーズ!!と固唾を飲んで見た。なんなく成功する孝天が誇らしく見えました。
アコギなRain。 カホンが大好きなワタシはこの時ばかりはカホン奏者ばかり見ちゃった(笑)
カホンは素手で叩くとアフリカーンな音がガッツリ出る打楽器なんだけど手袋して叩くと中に吊るされてる響き線というものが柔らかく優しい音を出してくれる。武道館のカホンと大阪のカホン。違うものだったような・・。



Rainのラストあたり。 暗がりに隠れて仔がウィングに現れる。

定位置につくと同時にウィング中央が高く上へと伸びていく。

その間 仔仔はずぅぅっと俯き 目を閉じてる。



暗がりで静かに出番を待つ仔の姿を見た途端だった。


この姿を見る事は二度と出来ない

今日が最後なんだという思いが急激に溢れてくる。



「どうしよwenちゃん 終わっちゃう」

「・・・ん。」



ワタシがそんな事言わなくたってwenちゃんも同じ思いでいた


――― そこから 。


この場所に来るまで 前日までの色々な出来事

どうしても どうしても来たかったこの大阪

様々の事が頭に浮かぶ



目の前に仔仔がいる  静かに佇む仔仔がいるんだ・・



・・・メインステージが暗転となり 突然 仔が浮かび上がる。


wherever you are のメロウな曲が会場に流れ始める。


ああ仔仔だ(涙)   仔仔がいる




ビジョンには 目を硬く閉じて 何かに耐えるような仔が大きく映し出される


もうここから 涙を止めることが出来ない。


  あえないよーるの  ほしにいのーる

  
目を閉じたままの仔  声を絞り出すように歌う
泣きそうなのを我慢してんの?
そんな姿が余計に涙が溢れる
wenちゃんは自分の足先を見つめたまま 涙が止められない 顔が上げられないほど。
迷は必死に声を出して歌おうとする 喉の奥があつーくなる。


  I LOVE YOU いまだーけは かなしいうた  ききーたく ないよぉ


仔は時々 迷の必死な歌声に うんうんと頷く。目を閉じたまま
迷たちを見たら涙でちゃう?
いつも我慢するんだね。いつも末っ子で甘甘でさ(笑) イタズラっこでいるくせに。
涙は見せたくないんだね。そういうとこが好きなんだけどー(涙)


仔ソロが終わっても涙を止めることが出来ない。

どーしよヴァネが始まる!!!それもJust One Dance  Lucky Me  Do Itと続く曲。
ヴァネが踊る!!!歌う!!! ほら踊らないとっ!!! そう思っても 涙が止まらない。
ステージではヴァネが最高潮に盛り上げる。音楽に没頭し始める。踊れ踊れ~~~!!!!
涙が止まり 音に乗せられ何も考えられなくなる。そんな圧倒的な威力を持つヴァネ。


そして 一公尺  じぇり。
ステージに現れた時 既に感極まってるのが分かる。




ってナゲ――(爆)!!!!!

ちょっとココで切っとく。





スポンサーサイト
02:40:40    comment:2    trackback:0   [F4 JAPAN TOUR 2008]
Posted by jin
jinさんの長文大好き!
私も一緒に感動味わえました!
涙まででちゃった・・・。
家庭のこととか皆いろいろなことを背負いながら、でも、F4や仔仔が好きでたまらないから、コンサートに集うんですよね。
続き楽しみにしていますね~。
2008/10/23 07:48 | | edit posted by tororo
tororoさん♪

いやんご無沙汰tororoさん(涙)
良かった~~喜んでもらえて嬉しいです。
でもちょっとウザいっしょ(笑)??
2008/10/26 00:49 | | edit posted by jin














 

http://5615446.blog80.fc2.com/tb.php/891-36598596
忘れたくない記憶Ⅲ| HOME | 忘れたくない記憶Ⅰ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。